女性の薄毛は改善しやすい│的確な対処で問題解決

治療薬のあれこれ

薄毛

服用中は献血ができません

最近では、aga治療を受ける男性の数が増えています。ある調査によればagaの患者は、全国に約1000万人以上いるとされています。そのため決して他人ごとではないagaですが、aga治療専門クリニックも増えているので、気になったら早めに受診するのがおすすめです。aga治療には、フィナステリドと呼ばれる成分の薬が使われることがあります。1日1回タイプの薬であるので、飲みやすいというメリットがあります。ところで意外と知られていないのが、この薬を服用中の人は献血をすることができないということです。それはこの成分によって、胎児や幼児に生殖器の発達障害が起きる可能性があるからです。献血を検討する場合は、少なくとも1か月間は服用を止める必要があります。

薬の保管方法

フィナステリドと呼ばれる成分の薬について、聞いたことがある人は多いかもしれません。これはaga治療で用いられるため、特に男性の間では注目されています。実際にaga治療クリニックで処方され、服用している人も少なくありません。ところで薬の保管や管理にはいくつかポイントがあります。まず高温や湿気、直射日光を避けた場所で室温保管しましょう。遮光できるような容器に保管するのがおすすめです。また薬自体はコーティングされているので、成分が皮膚から吸収させることはほとんどありません。しかし、何らかの要因でコーティングがはがれたり、錠剤が割れて中身が出てしまったりする可能性があるので、小さい子供が手に触れないような場所に保管しましょう。